任意入院患者の手紙面会制限

Q:手紙や電話の制限や面会の制限はできないのですか?

 
できないと考えるべきです。そもそも、たとえ入院形態が患者にとっては強制的な医療保護入院にあっても通信の制限と面会の制限はよほどの正当性のある理由がなければしてはいけないことになっていますし、もしする場合にはその理由と患者への説明の事実をカルテに記載しなくてはならないことになっています。いずれにしろ、任意入院患者においては、患者に電話や面会を控えるように勧めることはできても、制限することはできないはずです。

 

 

→任意入院患者の隔離室の使用

このページの先頭へ