任意入院患者に対しての外出制限の考え方

Q:任意入院の患者さんでも幾分かの希死念慮があったりなどして、入院当初は安全のために外出を制限したいことがあります。それもいけないことなのですか?

病院によっては、どんな患者でも入院後一定期間は外出を一律に制限するところがあります。個々の患者の病状を考慮していないそのようなやり方はまずいですが、何らかの、確かに外出を制限した方が良いであろう正当性のある理由があれば、医師の指示によって外出を制限することはできます。ただ、これはさきに述べたように「開放処遇の制限」にあたりますので、それを続けるのであれば、72時間以内に指定医による診察を受けさせ、本当にそうする必要性があるのかを判断してもらい、その記録をカルテに残すようにすべきです。

→任意入院患者の手紙面会制限