患者本人が受診を拒否する場合

Q:患者の病状が悪く家族は何とか病院に連れて行きたいが、本人が強く拒否して連れて行けない場合、何か良い方法はありますか?病院から職員を要請して連れて行ってもらうことはできませんか?

 
患者本人に病識が全くなく精神科の受診を強く拒否することはまれならずあります。家族の方々はたいてい大変困っていますが、何とか家族や親族で協力して病院に連れてくるしか手はありません。
以前は精神病院などが職員を派遣し、家族からの依頼のみで患者の同意なく患者を無理やり病院に運んでいった時代がありました。しかし、このやり方は人権保護の観点からは大きく問題があるために、現在は禁止されています。そのかわり、精神保健福祉法34条で、行政が医療保護入院に相当する患者を応急指定の病院にまで移送することをさだめています。しかし、現実的には、現時点ではほとんどどの都道府県でも、この「移送制度」をしっかりと実行しているところはない様子であって、大きな問題があります。このために、結局は民間救急会社に家族が要請をして患者を無理やり移送するということが行われている現状です。この移送の問題は行政の責任ですから、行政には今後しっかりとやってもらわなくてはならないでしょう。

 

 

→入院形態別の注意事項と行動制限

このページの先頭へ