外出外泊について

外出や外泊について
医療保護入院では本人の意思に反しても治療を行う必要性がある場合があることから、個々の患者の病状に応じて外出や外泊の制限をされることは仕方のないことです。逆に、医療保護入院の場合は外出や外泊ができないのではないか?というと、そういうこともなく治療の段階に応じて外出や外泊を試みていくことは正しいことです。

Q:医療保護入院の患者が単独で外出をしたり外泊をするのはおかしいのではないかと思うのですが。

 
充分に単独で外出や外泊が安全にできるくらいに病状が良くなっているのであれば、いずれ任意入院に切り替えるべきでしょう。しかし医療保護入院の患者が単独での外出や外泊をしてはいけないという決まりはありません。むしろ、医療保護入院で入院している患者を任意入院に切り替えることができるかどうかを確認するために、単独で外出や外泊に試験的に出してみることには治療上の意味があると考えることができるでしょう。

 

 

→措置入院について

このページの先頭へ